出会い系で性欲を解消できるタイプの違う30代人妻セフレと出会う

理系男子の出会い系リポート 現在2人のセフレ(人妻)とやり放題中

 

僕はいわゆる理系男子、某大学の大学院生です。くわしい専攻は伏せますが、物理系の研究をしています。将来はノーベル賞、とまでは考えていませんが、まあ、専門分野の研究を一生続けられたら最高な人生だと考えています。

 

お気づきでしょう。出会い系サイトの話をするのに、自分の研究や人生の話から入ってしまう、こんな僕が女性にモテるわけがありません。それに、理系の大学院に通っている僕らにとって、女性との出会いはほとんどゼロ。大学院の勉強の方もかなりタイトなスケジュールなので、コンパに参加したりする機会もごく限られてしまいます。

 

熟女のセフレは出会い系を見れば欲求不満の女性が多くいます

 

20代も半ばになりますので、さすがにチェリーボーイというわけではありません。が、同世代の男子に比べ、女性経験はかなり少ないほうでした(今はそうでもなくなってきています)。

 

いくら勉強に専念しても、性欲は解消されません、というより、「女の裸を見たい」「触りたい・いじりたい」「入れたい」という欲望の量は、勉強量と比例すると言っていいのです。

 

1年前、前から気になっていた「出会い系サイト」を初めて覗いてみることにしました。欲求不満も限界に達していたからです。そして「これなら、問題はなさそうだ」と確認。サイトに登録して、彼女探しを開始したのです。

 

一番彼女を見つけやすい年齢だからだと思いますが、かなりの割合で成功しています。現在つきあっている彼女は2人。1人は33歳、もう1人は37歳、どちらも既婚者、つまり「人妻」です。

 

これは僕があえてセレクトしたのです。というのも、今は勉強が最優先ですから、セフレと結婚云々の話になっては困るからです。初めて30代の女性とつきあってみて感じたのは、「ほんとうに気持ちよくなりたいなら、女は熟女に限る」ということ。33歳で「熟女」というのはちょっとかわいそうな気もしますが、僕からすれば「完全に熟れ切った女体」です。

 

とにかく、熟れて、もっちりした感触で、しかもまだ弛んではいません。しっかり締めてくれます。2人はそれぞれタイプが違って、33歳の方は積極的な淫乱タイプ、37歳のほうは乙女な隠れスケベ。そのタイプの違いも変化が楽しめます。しばらくは、2人の熟女とやりまくって、楽しみたいと思ってます。

 

サイトを利用する前は「オナニー過多状態」でしたから、セフレができてからの方が、かえって勉強に対する集中力が高まったような気がしています。
【北海道|20代|男|大学院生】

今1番出会えている掲示板のある出会い系
▼▼▼▼▼


PCMAXを無料で試してみる >>



TOPへ戻る >>セフレ募集掲示板の出会い体験談集めてランキングにしてみた結果


セフレ募集掲示板体験談

関連ページ

セックスの相性のあう男性をサイトで見つけて晴れやかな気持ち
私は欲求不満女になってしまい、もやもやとした心もちになってしまったのです。 このままで居たらおかしくなってしまうと思い、私はセックスが出来る相手はいない物かと、出会い系を使うようになりました。
熟女とセフレの関係になりたい人が本当に出会えている出会い系
そこで熟女の多い出会い系サイトというものが、存在をしていれば、素晴らしい熟女を見つけることができるのではないかと思っております。
出会い系にはまる専業主婦は成り行きの体の関係を楽しんでいる
離婚をせずに私に優しくしてくれる男性を出会い系に求めるようになったのです。 出会い系上には様々な男性がいましたが、皆私に優しい言葉で接してくれました。